善光寺観光

 今朝は早く起きて、長野駅の近くに有る「善光寺」を観光してきました。朝早い時間でしたので観光客も殆どおらず、とても静かな中を観光する事が出来て、気持ちの良い時間でした。朝は周りのお寺から住職が集まりお経を上げるようですが、住職が山口県では考えられない程に大切にされていて驚きました。
 お戒壇めぐりという、ご本尊の下を歩ける回廊にも入ったのですが、久し振りに真っ暗で光の届かない場所を歩きました。前に何も無い事は分かっているのですが、どうしても歩みが遅くなってしまいます。
 ホテルに戻り9時の電車で山口へ。今日は台風が過ぎて雲一つない晴天になりましたし、車窓から日本アルプスの山々を見る事も出来て、最高の移動でした。中国地方では考えられない様な山々で、またすぐにでも走りに来たい場所です。標高の高い場所を走る「スカイラン」の大会も面白そうですね。
 家に着いてウェア等の洗濯物を全て洗濯機に放り込み、今回の大会「信越五岳トレイルランニングレース」は終了。ホテルのお風呂で土だけは洗い流していたので、比較的楽に済みました。本当は長野で洗濯もして帰ろうと思っていたのですが、コインランドリーが無かったので帰ってからする事に。かなり大量にあったので、干すのも大変でした。身体も元気なので、明日からはまた少しずつ走ってみようかと思っています。
 1月に出ようと計画しているトレイルランのレース「Avalon Benefit 50」は「Benefit Run」という形態の大会らしく、出場者が自分で募金してくれる人を見つけ、「1km走ったら100円募金」という様な契約をし、走った分だけ後で募金をして貰うという大会のようです。
 欧米では一般的な募金・大会の形態らしく、「癌撲滅のチャリティーランで10km走るから募金して」という様な大会が頻繁に行われているらしい。この方法が素晴らしいのは、走る人や募金する人、主催団体や募金団体など、皆に利益が有るという事。走る人も周りの人に「レースで走るから募金してね」と宣言するのでよく練習するでしょうし、いい事だらけです。
 日本でいう24時間マラソンの一般市民版だと思うのですが、日本では聞いた事が有りません。とりあえずホテルは予約したのですが、実際に行けるかどうか(誰か募金してくれるか(日本から出来るか))よく分からないので、もう少し考えてから航空券を取ったりエントリィしたりという作業になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。