ジュネーブランニング

ジュネーブランニング
 時差があるのでどこからどこまでが昨日で、どこからが今日なのかよく分からなくなってきましたが、とりあえずジュネーブまで移動してくることが出来ました。羽田空港からドバイを経由してジュネーブまで約22時間かかりましたが、無事に到着。飛行機は2回とも食事以外はほぼ寝ていました。起きた時に出来るだけ体を動かすようにしたのですが、痛めていた右股関節には少し違和感が出ています。やはりじっとしているのは良くありませんね。
 
 ジュネーブ空港からホテルまで約500m程度だったので歩いてみたのですが、携帯電話の地図が使えないので住所だけを頼りに探し、少し迷いました。15時の気温が25℃程度なのであまり暑くは無いのですが、日差しが強いです。
 ホテルでシャワーを浴びたら、移動で凝り固まった体を解すのと観光を兼ねて12km程度のランニングに出ました。ホテルを出発してすぐに「Geneve」という通りを発見、緑が多く建物もかわいい物が多い街なのですが、喫煙者がとても多い印象でした。至る所で吸っているので、走っていると何度もタバコの臭いに当たります。車の右側通行に慣れないので、交差点などはかなり注意して通行しました。

 特に観光地らしいところも調べていなかったので、スイスとフランスの国境にもなっている「レマン湖」へ来てみました。山があって湖があって古い建物があってと、とてもスイスらしい景色でした。白鳥もいたので更にスイスらしさが助長されています。17時頃でまだ日差しもあるのですが、湖沿いは少し肌寒くなり始め、セーターを着ている人もいました。それでも日差し自体は20時過ぎまで有るので、ヘッドライトも木が生い茂っているところで無ければ20時頃までは使わずに走れそうです。
 今回は「ジュネーヴ・コアントラン国際空港」のすぐ近くにある「Hotel 33」というホテルに泊まりました。古い感じは有りますが、受付の人も親切ですし、1階に有るレストランも美味しかったので良かったです。冷蔵庫が無い事とコンセントの数が少ないことは注意。
 明日は朝から「CCC(UTMB)」のゴール地点で宿泊地「シャモニー」へ向かい、「CCC(UTMB)」の受付を済ませます。

2014 CCC(UTMB)カテゴリの最新記事