「Ironman 70.3 Busan」費用計算

「Ironman 70.3 Busan」費用計算

 韓国の釜山(海雲台)で行われた「Ironman 70.3 Busan」の出場にかかった費用をまとめました。移動・宿泊・レース費用などを全て含めて71,410円。空港から30分程度かかるのですが、タクシーで片道3,000円と、比較的安く移動することが出来ます。海雲台もアクティブリゾートという感じで、色々とまとまっていますし、滞在しやすい場所でした。ビーチの景色が独特なのも魅力です。
IMG_3521.CR2

交通費

 釜山へは「AIR BUSAN」という韓国のLCCを使い、福岡空港から約40分のフライトです。行きは書類を書いていると到着、帰りはいつも通り離陸前から眠り、着陸で起きるというパターン。40分だと寝足りません。機体は小さいですが、時間が短いので何の不自由もありませんでした。
 また、自転車は日本からは1,000円、釜山からはUSD10の追加代金がかかりますが、今回帰りは徴収されませんでした。機体によっては載せられない事も有るとのことなので、事前に電話して良く確認しておいた方が良いと思います。籔は電話で載せられる事を確約してもらってから予約しました。
P6185538.JPG

 金海国際空港から海雲台への往復はタクシーを使いました。片道30km程度ですが、有料道路の料金も含めて30,000KRW以下でした。現在のレートで3,000円以下でしょうか。行きはお昼時で約50分、帰りは早朝だったので約30分でしたが、通勤時間帯は混むようです。
また、日本のタクシーよりも少し大きいので、ACOR「バイクポーターPRO」を後部座席に積む事が出来ました。バンタイプのタクシーは見かけず、全てセダンタイプ。バンタイプのリムジンも空港にはいましたが、海雲台まで50,000KRWとの事だったので、2人以上で移動するなら良いかもしれません。
P6205565.JPG

福岡 〜 金海国際空港(飛行機) 往復AIR BUSAN19,210円
空港 〜 海雲台 往復タクシーKRW60,000(約6,000円)
飛行機超過料金(自転車)1,000円
合計約26,210円

宿泊費

 ホテルは「Ironman 70.3 Busan」のメイン会場の目の前にある「ibis budget Ambassador Busan Haeundae」に宿泊しました。狭すぎず広すぎず、必要な設備は一通り揃っていますし、何よりも会場まですぐというのが魅力です。コンビニもすぐ横にありますし、ご飯も近くで食べる事が出来るので便利です。
 ただ、あまり有名では無いですし、場所が少し分かり辛いようです。タクシーで行くなら、しっかりと場所を示せるようにしておいた方が良いと思います。
P6205562.JPG

ibis budget Ambassador Busan Haeundae2泊14,805円

その他

 エントリィ費もアイアンマンハーフにしては安い方、高速道路や工業団地の様な所もしっかりと封鎖していたので、運営はなかなか大変そうでした。色々と考えると日本付近で最も安く行けるアイアンマンではないかなと思います。
IMG_3620.CR2

Ironman 70.3 Busan エントリィ費USD248.428,115円
海外旅行保険3日間2,280円
合計約30,395円

2016 Ironman 70.3 Busanカテゴリの最新記事