大畠までグルっと

大畠までグルっと

 いつもは朝起きても外に出ないのですが、色々な投稿でいい写真が撮れそうだったので、ササッとカメラの準備。とりあえずカメラのセットだけすると、後は太陽が出るまで室内で待機です。日の出時刻は7:17でしたが、籔の家から太陽が見えたのは7:35頃。ちょうど周防大島の嘉納山から源明山へかけての稜線から登ってくるので、遮られて遅くなります。
P1016984.JPG
 太陽が出てしまうとそこにしか目がいかないので、景色としては日の出の20~30分前か太陽が出る直前の方が好きです。普段は色々としていて外を見ない時間なので、久しぶりにゆっくりと日の出を見ました。
 リノベーションをした時に内窓を付けたので、LDKの窓は全て二重になっているのですが、写真を撮る時は1枚しか閉めていなかったので結露してきました。普段は全く結露しないので、やはり内窓は効果抜群。リノベーションの中でお金をかけて良かったところだと思います。
IMG_4518.JPG

 足首の状態も良くなってきましたし、そろそろ「Ultra-Trail d’Angkor(Bayon Trail Angkor)」へ向けて距離を走っておかなければならないので、「やない美ゅーロード」を通っての大畠往復で18km走りました。これまでは「県営広域農道柳井大畠線」という道路でしたが、正式に命名されたようです。途中には何箇所か景色を見ることのできる場所も作られていました。
RIMG2601.JPG

 行きの「やない美ゅーロード」は心拍数が170bpm以上上がらないようにと思っていたのですが、上り坂などで少し苦しいかなと思うと175bpmを超えていました。籔は160~170bpm辺りは変化にあまり気づかず、175bpmを超えると急に苦しく感じるようです。上り坂は特に注意が必要。
 帰りはフラットな海岸線を通り、心拍数が180bpm以下に下がらない様に走りました。海岸線に出ると向かい風が強く、風の抵抗を感じながら脚を前へ。コースを逆周りにすれば良かったと思いながらも、あと少しなのでとにかくプッシュ。最後は201bpmまで上げて、しっかりと刺激を入れる事が出来ました。
 ここ最近は駅伝に向けて5kmまでの練習しかしていませんでしたし、距離が10kmを超えると心理的にもキツかったのですが、なんとか18kmは走れました。3週間後の本番はこの3倍以上、高い気温対策にこの2日間は沢山着込んで暑いと感じながら走っていますが、こんなものでは無いのでしょう。シューズは今日も履いて違和感なかった「TARTHERZEAL TS 3-wide(26cm)」でほぼ決定、トレイルランレースですが、ロードシューズで走ろうと思います。
RIMG2602.JPG

リノベーションカテゴリの最新記事