チェコフィル2回目

 昨日は小倉で開催されたコンサートを聴きにドライブ。出発した時は雨が降っていたのですが、九州へ近づくにつれて晴れていい天気に。三連休初日で車は多かったのですが、流れはスムーズで楽しくドライブできました。

 コンサートはアルモニーサンク 北九州ソレイユホールで行われた「ペトル・アルトリヒテル指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団」。目的はソロを演奏するチェロの「ジャン=ギアン・ケラス」です。北九州国際音楽祭のプログラムの一つなので、なんだかお客さんもいつもと少し違った感じ。
 「チェコ・フィルハーモニー管弦楽団」のコンサートは8年前に続いて2回目。プログラムはその時と同じ『ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調「新世界より」op.95』だったのですが、チェコらしさというよりなんだか重さが。コンサートを通して同じ重さを感じましたし、以前聞いた演奏とも違うので指揮者の特徴なのかなと。
 ちょっと重い感じはしましたが、ソロはずっとCDで聴いていたコンチェルトなので生で聴けて大満足。芸術の秋を満喫できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。