ブルー・マウンテンズ国立公園へ

 シドニー空港へ到着すると、まずはレンタカーの手続き。今回はオススメしていただいた「ブルー・マウンテンズ国立公園」へ行くために、初めの2日はレンタカーで移動することにしました。
 AVISというレンタカー会社に予約すると、出て来た車はヒュンダイの「i30」というハッチバック。日本ではほとんど韓国車を見ませんし、自分で運転するのは初めてです。合計で500km程度走りましたが、オーストラリアの最高速度110km/hで走るなら何の問題もなし。ブレーキがちょっと好きではありませんでしたが、見た目が良いので±0でしょうか?

 まずは受付だけ済ませておこうと、シドニーマラソンの受付会場になっているシドニーの街中へ。大都会シドニーは一方通行や信号なども特殊で、なかなか運転が大変でした。日本と同じ左側通行ですが、田舎の方で慣れてから街中に出たら良かったと後悔です。
 30分だけ無料でその後は20AUDというほど近い駐車場に停め、大急ぎで受付を済ませました。

 「ブルー・マウンテンズ国立公園」は一面ユーカリの森が見えるとのことで、確かに独特な風景。少しだけ散策したのですが、走ると楽しそうな場所でした。有名な「スリー・シスターズ」もほとんど歩かずに見ることができます。

 宿泊はこの観光地からほど近い「The 3 Explorers Motel」というモーテル。管理人のおじさんが気さくな方で、街の買い物場所など詳しく説明してくれました。オーストラリアは冬から春へと変わる時期、高台にあるこの街は夜の気温が6℃程度まで下がり、寒くて電気毛布を使いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。