バスフルート

 フルートの14回目のレッスンを受けてきました。徐々に音は出やすくなっているような感覚はあるのですが、まだ時と場合によって出たり出なかったり。何もかも不安定です。16分音符の音階は指の力が抜けずに思った通り動きません。どのような練習をしたら良いかや、問題点も分かっているのですが、自分の体だけ思い通りに動かせないのは、大変もどかしい感じがあります。

 フルートは拭き終わった後で管内の掃除をするのですが、その時に使用する掃除棒とガーゼの使用が面倒でした。何か良い道具があるだろうと探すと、専用の棒とクロスが発売されていました。これなら毎回ガーゼを巻かなくても良く、お掃除時間が短くなって便利でした。

 フルート教室での発表会用にバスフルートを吹かせていただきました。通常のフルートよりも1オクターブ下の音を出せるフルートですが、C管なので指使いは同じですし、音も似たような感じで出すことができました。管が太いので息がたくさん必要なのと、面積が広いので練習後のお掃除が大変なのが違いでしょうか。これから発表会まで、少しずつ練習していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。