三響

 フルートの22回目のレッスンを受けてきました。これが発表会へ向けての最後のレッスンで、後は伴奏合わせが1回あって本番です。何が起こっても最後までいける自信はあるのですが、曲は全くスムーズには進みそうに無く、無理やり前へ転がしていく印象。

 先生が昔使っていたフルートをお借りし、少しの間だけ三響の総銀モデルを使わせていただけることになりました。30年程度前のハンドメイドモデルでオフセットリングキィC管。うまく息が当たると倍音タップリな華やかな音が出て、明るくフルートらしい好きな音色の楽器でした。ただ、前回試奏したムラマツ「PTP」の方が音が太いですし音量も出るので、使い勝手はいいのかなという感じ。
 リングキィなので押さえるところに穴が空いていて、うまく穴を塞がないと音が出ないのですが、これまでフォームには特に気を付けていたので、違和感なく音を出すことができました。真面目に練習していると、いいことありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。