三響

 フルートの22回目のレッスンを受けてきました。これが発表会へ向けての最後のレッスンで、後は伴奏合わせが1回あって本番です。何が起こっても最後までいける自信はあるのですが、曲は全くスムーズには進みそうに無く、無理やり前へ転がしていく印象。

 先生が昔使っていたフルートをお借りし、少しの間だけ三響の総銀モデルを使わせていただけることになりました。30年程度前のハンドメイドモデルでオフセットリングキィC管。うまく息が当たると倍音タップリな華やかな音が出て、明るくフルートらしい好きな音色の楽器でした。ただ、前回試奏したムラマツ「PTP」の方が音が太いですし音量も出るので、使い勝手はいいのかなという感じ。
 リングキィなので押さえるところに穴が空いていて、うまく穴を塞がないと音が出ないのですが、これまでフォームには特に気を付けていたので、違和感なく音を出すことができました。真面目に練習していると、いいことありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。