鈴木俊哉リコーダーコンサート~リコーダー700年の旅~

 エリザベト音楽大学で行われた「鈴木俊哉リコーダーコンサート~リコーダー700年の旅~」というコンサートを聴きに行きました。リコーダーはフルートと同じ発音機構を持っているので似たような音が出るのですが、メカもほとんど付いていないシンプルな楽器で、こんなに幅広いことができるのだなと驚きました。音色も変化をつけ難いと思うのですが、上手に使い分けていてとても勉強になるコンサート。

 プログラムもチェンバロやオルガン伴奏のバロック曲と、リコーダーソロの現代曲が上手い具合に対比されていて、とても興味深く聞くことが出来ました。今年は色々とコンサートへ行っていますが、最も印象に残ったコンサートです。

 会場のセシリアホールは開館40周年とのことで、確かにホールも古さを感じます。それでもこのホール独特の雰囲気があり、長く残って欲しい場所です。大学内も色々と変わっていますが、ロビーだけは全く変わっていなくてホッとします。

  • 作者不詳:トリスタンの哀歌
  • ボールドウィン:ウト、レ、ミ、ファに基づいて
  • G.F.テレマン:ソナタ
  • A.ヴィヴァルディ:協奏曲「海の嵐」
  • 金子 仁美:「歌をうたい…Ⅱ」(リコーダーソロ)
  • D.ツィポーリ:組曲 ト短調 (チェンバロソロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。