鈴木俊哉リコーダーコンサート~リコーダー700年の旅~

 エリザベト音楽大学で行われた「鈴木俊哉リコーダーコンサート~リコーダー700年の旅~」というコンサートを聴きに行きました。リコーダーはフルートと同じ発音機構を持っているので似たような音が出るのですが、メカもほとんど付いていないシンプルな楽器で、こんなに幅広いことができるのだなと驚きました。音色も変化をつけ難いと思うのですが、上手に使い分けていてとても勉強になるコンサート。

 プログラムもチェンバロやオルガン伴奏のバロック曲と、リコーダーソロの現代曲が上手い具合に対比されていて、とても興味深く聞くことが出来ました。今年は色々とコンサートへ行っていますが、最も印象に残ったコンサートです。

 会場のセシリアホールは開館40周年とのことで、確かにホールも古さを感じます。それでもこのホール独特の雰囲気があり、長く残って欲しい場所です。大学内も色々と変わっていますが、ロビーだけは全く変わっていなくてホッとします。

  • 作者不詳:トリスタンの哀歌
  • ボールドウィン:ウト、レ、ミ、ファに基づいて
  • G.F.テレマン:ソナタ
  • A.ヴィヴァルディ:協奏曲「海の嵐」
  • 金子 仁美:「歌をうたい…Ⅱ」(リコーダーソロ)
  • D.ツィポーリ:組曲 ト短調 (チェンバロソロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。