ビブラート続き

 フルートの26回目のレッスンを受けて来ました。アルテは13課へ突入、指使いや音量などは問題なく出るのですが、とにかくスピードが速くて深いビブラートがかかりません。歌ってみたり、お腹を動かしてみて練習するのですが、まだまだ神経系が追い付かない感じ。もう少し我慢して練習すれば出来るようになる気がするので、下手でも続けるのみ。

吹奏楽は吹奏楽コンクール前ということで、色々な所で頻繁に練習が行われています。場所が変わると響き方が変わり、それに合わせて自分の吹き方も変わっているようで、翌日にはこれまでと全く違う音になっています。たった数時間の練習で音が変わってしまうくらい、まだまだ自分の音というのはありませんが、意外と響のない所で練習した次の日の方が力強い音が出ていて好み。少しでも楽器を鳴らすために息をたくさん使っているのでしょうか?

 日が沈むのも早くなってきて、練習前に海を見ながら夜ご飯というのも難しくなってきました。何より、暑くて外でご飯を食べるとか考えられない時期に。ビブラートの練習をしていても汗だくになるので、早い所涼しくなって欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。