吹き方崩れ

 フルートの29回目のレッスンを受けました。今回はとにかく吹き方の修正。ローナ・マギーのフルートを聴いてから、同じような中低音が出るように真似して吹いていたら、音程は下がるし低音以外の音は出にくいしと、ここ1週間ちょっと困っていました。初めの内は低音がしっかり出て喜んでいたのですが、やり過ぎ注意ですね。吹き方を戻しても吹きにくさが消えないので、それを戻してもらうことが一番の目的のレッスンでした。結局は息が下向きになり過ぎていて、これじゃあ音程が下がるのも仕方ないという感じでした。

 アンサンブルの練習も籔の中では佳境。元々の予定では、この時期には完全に楽譜通り演奏できているはずだったのですが、全然追いつけていません。9月中にはなんとか形にして、10月に音楽的に演奏できるようにして、11月にアンサンブルとして成立というタイムスケジュールで頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。