負荷に弱い

 アンサンブルコンテストへ向けて、4回目のレッスンをユーフォ吹きの先生にしていただきました。スランプ期は大絶賛継続中で、鏡を見ながら気を付けて練習している時は良いのですが、いつもと違うことをしようとしたり、負荷がかかると途端に音が出にくくなります。音程も下がり気味なので、構えが内向きになっていたり、ズレていたり、基本的なところが出来ていないと分かっているのですが、咄嗟に対応できません。理由が分かりつつも対応できないというのは、大変もどかしいです。
 レッスンでは、これまで無理な流れを作っていたところをニュートラルにしてもらい、気を付けるポイントを整理して貰って助かりました。

 今回は3人のアンサンブルですし、籔が一人こけると1/3の音がなくなってしまうので、なんとか本番までには調整しなければ。とりあえず練習量を増やして自分に負荷をかけて、頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。