ハッキリ

 フルートの39回目のレッスンを受けてきました。アンサンブルコンサートを挟んでいるんので、練習曲はあまり練習できていなかったのですが、なんとか最後まで。練習していかないと次の曲に進めませんし、一定のクオリティまでは意地でも上げるつもりで練習しています。クレッシェンドで一番盛り上がる所が早く減衰してしまったり、デクレッシェンドの最後が小さくなり切れなかったり、一つ一つのアーティキュレーションをハッキリ示すことが今の課題。こういう音楽的なところは分かっちゃいるけど出来ないという、もどかしい部分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。