当たり時期

 フルートの38回目のレッスンを受けてきました。調子の波が大きいのですが、ちょうどよく鳴る時に当たっており、吹きやすくてレッスンもサクサクと。調子が良い時は最大の音量もそれなりに出るので、ある程度の強弱も付けられるのですが、ちょっとでも口の位置がズレたりすると途端に幅が無くなってしまいます。楽器がズレないようにするのも技術の内、まだ体を動かすとすぐにズレてしまうのですが、しっかりホールドできるようにならねば。

 ガリボルディのミニオンエチュードは6番が終了。段々とガリボルディさんの曲の作り方に慣れてきたのか、次の音が予想できるようになってきました。ある程度は初見でも吹けるようになったので譜読み時間が短縮し、アーティキュレーションにかけられる時間が増えて良い感じ。シャープ系、フラット系とバランスよく出てきていますが、まだどちらの方が得意という偏りもなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。