第396回定期演奏会

 広島文化学園HBGホールで行われた広島交響楽団の第396回定期演奏会を聴きに行きました。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターをされているVolkhard Steude(フォルクハルト・シュトイデ)氏が弾き振りをされるとの事で楽しみにしていたのですが、オケ全体を管理する事は出来ていない様に感じて少し残念でした。

 もちろん、コンサートマスターのポジションにいるフォルクハルト・シュトイデ氏は凄いエネルギィで演奏しており、合図の出し方はとても参考になりますし、音も多彩で楽しく聴くことができました。弦楽器はビブラートの掛け方も視覚的に見えるので見ていて分かりやすいですし、ビブラート勉強中の籔にはコンサートを聴くのにちょうど良い楽器かもしれません。
 残念だったのはやはり指揮がいない部分。立体的な作りをしている部分もあまり立体感なく聴こえますし、間延びした感じになっていて、全体的にボーッとした印象を持ちました。指揮者がいればもっと締まって聴こえるのかなと思うことがしばしば。素人でも指揮者によって随分と感じが変わるので、プロだと尚更でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。