マチネ

 久しぶりに受験生へ現代文を教えることになったので、復習を兼ねて問題集を解いたり、普段読まない文学作品を読んだりしています。ここ1週間くらい続けているので、段々と読み方も上手になって来たような。これまでは寝る前に布団に入って本を読んでいたのですが、この方法だとすぐに寝てしまうと分かったので、反省して座った読むことにしました。

 あまり読む本のジャンルに拘らない様にしているのですが、ここ最近は折角なので音楽に関わる本を読んでいます。昨日読んだのは平野啓一郎「マチネの終わりに」。ちょっと無理矢理な流れのところも多いですが、物語全体を通しての流れが良くて、本自体も音楽的だなと感じました。昼間に開かれる演奏会の事をフランス語で「マチネ」というらしいのですが、わざわざ単語が存在する所に日本との文化の差を感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。