丁寧に

 54回目のフルートレッスンを受けてきました。発表会までに伴奏合わせが後1回ありますが、実質的に最後のレッスン。前回の伴奏合わせがメタメタだったので、落ち着いて演奏できるよう、フレーズが滑らかに繋がるよう、気を付けながらの練習です。なかなかコントロール出来ずに、音が飛び出したり、雑音が入ったりしてしまいますが、レッスンでは少し感覚をつかめた様な気も。
 この感覚が本番でも出せると良いのですが、こういうのはレッスンが終わると忘れてしまうのですよね。出来るだけ身につけられるよう、次の伴奏合わせまで丁寧に練習です。そして、参考音源も聴いて少しは伴奏も覚えておかないと。

 発表会が終わると、次の舞台は12月位に設定できそうなので、そちらへ向けて選曲の相談も開始。COVID-19の影響で開催されるか分かりませんが、開催されれば伴奏無しで立つ初の舞台になりそうです。社会人はなかなか人前で演奏する機会もありませんし、どしどし目標を設定して上達していかねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。