伴奏合わせ

 発表会へ向けて伴奏合わせをしました。昨年はフルートを始めて7ヶ月だったので、ピアノに合わせてもらうだけで精一杯。曲も簡単だったのでなんとかなったのですが、1年経ってこちらもしっかりとピアノを聴いておかないと合わないところが増え、一気に難しくなりました。アンサンブルの時も同様でしたが、周りの音を聴いていると指も息もコントロールする余裕がなくて、怪しいところが全て演奏できなくなってしまいます。脳が一杯一杯で全て処理できない感じ、1時間の合わせで疲れ切りました。

 それでも、昨年から楽器が変わって音量的には問題なさそうですし、不必要な力を抜いて演奏できるようにしたいなと。何度か通して演奏することで少しずつ慣れてきたのか、最後の方は少し冷静にピアノを聴きながら演奏できそうな気もしてきました。本番まで1週間ちょっとしかないので、少しでも余裕を持って演奏できるように正確性を上げていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。