マーカス・フィスターの世界

 ふくやま美術館へ「刊行25周年記念 にじいろの さかな 原画展 -マーカス・フィスターの世界-」を見に行きました。独特な絵具の滲み方がオーラの様に見えたり、柔らかさを表現していたりと、原画から受ける印象は絵本になっているものと全く違います。オンラインなんちゃら流行っていますが、やはりなにも介さずに見たり聴いたりしないといけませんね。

 年代順に作品が並んでいるのですが、作品としてはやはり初期のものの方がシンプルな発想で面白かったです。個性って大事だなと思える展覧会でした。福山駅の北側へは初めて行きましたが、お城や美術館・博物館などが集まっていて、とても良い地域ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。