ねないこだれだ

 ひろしま美術館で開催中の「『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展」という展覧会を見に行きました。小さな頃に絵本を読んで、トレードマークとなっているお化けなどが怖かった覚えがあります。覚えているほどなので、きっと大泣きしたはず。

 ここのところ、いくつか絵本の展覧会を見ていますが、戦後の絵本もそれなりに時間が経っていますし、ちょうどタイミングの良い時期なのでしょうね。実際に絵本になったものと原画を見比べると、やはり原画から消えている情報が多すぎるなと、そして、芸術家というより職人さんなんだなといつも感じます。
 子供の頃に見ていた絵本の原画が見れたことも嬉しかったですが、独特な色の組み合わせも勉強になりました。絵本を見る機会はほとんどないので、背景の色味の強さとか新鮮でした。

 こちらの美術館でもCOVID-19対策として、整理券が配布され、検温や手の消毒などをする必要がありました。15分程度の待ち時間だったので、整理券を受け取り待っても問題ない時間でしたが、整理している側は暑い中で大変だなと思います。こういう所は早く楽に自動化できる様になると良いのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。