引出し不足

 66回目のフルートレッスンを受けてきました。レッスン前に家で練習した時は調子が悪く、音を出しにくかったのですが、2時間くらい時間が開いたレッスン時はいつも通りに音が出て、いい意味で拍子抜けでした。まだ急に音が出し辛くなったりしますが、1年前の様に全く出ないという事は起こらなくなりました。少しはその時の状態に合わせられる様になってきたのかなと。

 レッスンは曲の作りがよく分からないところを1つずつスッキリさせていく作業。フルートで出来ることの引出しが全くないので、自分の持っている物では表現できないところだらけで、一人では解決する方法を全く思いつきません。こう演奏したら?と提案してもらって、初めてそういう方法があるのかと分かる感じで、まだまだ試行錯誤というところまでいけていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。