引出し不足

 66回目のフルートレッスンを受けてきました。レッスン前に家で練習した時は調子が悪く、音を出しにくかったのですが、2時間くらい時間が開いたレッスン時はいつも通りに音が出て、いい意味で拍子抜けでした。まだ急に音が出し辛くなったりしますが、1年前の様に全く出ないという事は起こらなくなりました。少しはその時の状態に合わせられる様になってきたのかなと。

 レッスンは曲の作りがよく分からないところを1つずつスッキリさせていく作業。フルートで出来ることの引出しが全くないので、自分の持っている物では表現できないところだらけで、一人では解決する方法を全く思いつきません。こう演奏したら?と提案してもらって、初めてそういう方法があるのかと分かる感じで、まだまだ試行錯誤というところまでいけていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。