Duo教本

 67回目のフルートレッスンを受けてきました。1週間くらい前の食事中に舌を強く噛んでしまい、あまりの痛みに食事もあまり摂れない様な状況が続き、練習も最低限しか出来ずレッスンを受けることになりました。噛んで陥没している部位に触れなければ、フルートを演奏してもあまり痛くないのですが、ブレスの時などに口の状態を整えるのが激痛。1週間経ち、ようやく痛みが引いてきました。

 レッスンはケーラー「フルートのための35の練習曲 第1巻」が終了し、ガリボルディ「フルートのためのデュエット 作品145 第2集」に入りました。これで教本関係は5個目でしょうか。ケーラーの2巻へ入る前に何か挟んだ方がいいという事でデュオが入ってきましたが、一人で演奏するだけでも難しいです。12月末のコンテストまで残り1ヶ月となり、曲も早いところ仕上げていかなければなりません。まだまだ指も回らず、色々と余計な音が入って上手いこと演奏できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。