La Mer

 広島文化学園HBGホールで行われた広島交響楽団の「第409回 定期演奏会」を聴きに行きました。後半に交響詩が2つ続いたので、それだけでも十分にお腹いっぱい。ピアノコンチェルトも合わせて、頭の中一杯になりました。

 初めて聞く交響詩「ナイチンゲールの歌」の響きが、これまでに聞いた事のあるストラヴィンスキーとは全く違っており印象的でした。ナイチンゲールとして鳴くフルートを目立たせるたの工夫とか、楽器の選択とか見事です。前回もストラヴィンスキーでしたし、前回のペトルーシュカと比較しながら聴くことができて面白かったです。

 会場の駐車場に最後の1台でギリギリ滑り込めたのですが、駐車場所は玄関真正面。全く歩かなくて良いのはありがたいですが、ちょっとこの場所は目立ち過ぎな気もします。COVID-19で入場者が減り、会場の駐車場へ駐車できる様になったのは少しありがたいところ。

  • 指揮:熊倉優
  • ピアノ:萩原麻未
  • ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調
  • ストラヴィンスキー:交響詩「ナイチンゲールの歌」
  • ドビュッシー:交響詩「海」− 3つの交響的スケッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。