10万km越え

 「スカイラインクーペ(DBA-CKV36)」のエンジンオイルを交換してもらいました。交換時のODOメータは101,000km。大台の10万kmを超えて初めてのオイル交換も済ませ、塗装やスロットルバルブ、ダッシュボードの割れなど、細かな問題はありますが、基本的にはまだまだ元気に走ってくれそうです。ここのところ少し暑くなってきたからか、スロットルバルブの汚れによるエンジンのストールやアイドリングの不調は再発、本格的に暑くなる前にここは対策ですかね。

 気温も上がり、空気も乾燥していて、少し車を走らせるととても綺麗な景色の見れる季節になってきました。COVID-19の影響でまだまだ遠くへいけそうにありませんが、本格的に暑くなる前に近場の良い景色をたくさん見ておこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。