装飾音符

 82回目のフルートレッスンを受けてきました。練習曲集の「フルートのためのデュエット 作品145 第2集」と「アルテ2巻」、両方とも1曲が3ページにまたがる様になり、単純に譜めくりも難しいですし、譜読みして曲想まで作っていくのは困難になってきました。どちらの曲集でも装飾音符がたくさん入ってきて、慌てだすと指も大変なことになります。

 発表会までは残り1ヶ月半、伴奏合わせまでも1ヶ月を切りましたが、まだまだ演奏できない部分を1つずつ潰していっている段階。いつも失敗する部分が、あまり意識していない時にふと演奏できたり、まだ明らかに上達していく過程の途中です。あと1ヶ月でどこまで確度を上げられるか、しっかり練習しないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。