ずれ修正

 84回目のフルートレッスンを受けてきました。今回が発表会の伴奏合わせへ向けて最後のレッスンでしたが、どうも1週間前から演奏しずらい感じがしており、その吹きずらさを修正していただきました。発表会も近付き、こういう音を出したいと意識し過ぎて、無理のある吹き方になっていたのかなと思います。良くしようとして悪くなるとは皮肉な感じ、欲丸出しはダメですね。今回の症状は音が拡がっていかないなと感じたのが始まりでした、こういう時こそ脱力できるよう注意します。

 発表会の曲はまだ思う通りに動かない指と口の練習を正しい形で反復するのみ、とにかくミスが続く部分を1つずつ潰しています。自分の身体なのに思う通りに動かないことがもどかしいですが、地道に修正していくしかありません。今回で3回目の発表会ですが、毎回同じ感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。