ナンバー交付

 どこも壊れていない確認ができた電動キックボードFUGU INNOVATIONS JAPAN「FG-EKR01-BK」で公道を走れるように、色々と手続きをしました。まずは市役所の税務課に「軽自動車税申告書兼標識交付申請書」を提出し、ナンバーを交付してもらいました。柳井市は金魚ちょうちんが描かれたご当地ナンバープレートを枚数限定で発行していたのですが、発行から10年も経つとすでに終了していました。今回は原付登録なので貰えるかと楽しみにしていたのですが残念です。10分もかからず、その場でナンバープレートと固定するためのボルトをいただけました。

 そのまま自賠責保険の手続きをしにコンビニへ。セブンイレブンで契約するとその場でステッカーや証明書を受け取れるので、事前にネットから予約しておき契約手続きをしました。原付なので5年で13,980円。5年も乗らないと思いますが、解約すると返金されるので、お得な期間の長い契約にしました。
 また、事故があった時のために対人・対物無制限の任意保険も契約しました。搭乗者傷害保険も付いて、年間で17,880円。年間の軽自動車税は2,000円なので、電気代以外の年間費用は22,676円となりそうです。

 折り畳みも簡単なので10秒位ですし、軽自動車の荷台にも後部座席を倒せば余裕で載せることができました。これなら観光地などへ持っていき、電動キックボードで巡ったりという用途には最高だと思います。自転車の様なペダルやチェーンといった可動部がないので、車が汚れたりする可能性も低いのかなと。

 原付登録なので公道を走るにはヘルメットが必須。田舎なので虫が顔に当たらないようシールドは絶対に欲しく、リード工業「シールド付きハーフヘルメット(RE40)」にしました。速度的にはもっと手軽なヘルメットにサングラスで良かったのかもしれませんが、被り心地は悪くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。