穴あきリングストッパー

 今練習しているPierre-Octave Ferroud「Berger Captive(恋する羊飼い)」では、フルートの最低音あたりの、Es,Des,Cが早いパッセージで出てくるのですが、Dキーがしっかりと塞げなくなってしまう事があり、笛工房アイハラの「リングストッパー 穴あき」という、名前の通り穴の空いているリングストッパーを購入しました。

リングストッパー 穴あき

 せっかくキーに穴の開いているリングキーの楽器を使用しているので、これまで穴を塞ぐプラグなどは使用していませんでした。全く不便もなかったのですが、右手の小指を早く動かしていると薬指の穴に隙間ができてしまいしっかりと音が出なくなるので、音が出なくなるよりはと思いプラグの使用を考え始めました。

 初めは穴を完全に塞ぐものを使用していたのですが、今回購入した穴の開いているものを紹介してもらい変えてみました。穴の直径が半分くらいになり、これなら少し指が動いても隙間ができず、しっかり低音を出す事ができました。また、完全には穴を塞いないので、音色も暗くならずいい感じ。これで練習をしつつ、最終的には外せる様にしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。