穴あきリングストッパー

 今練習しているPierre-Octave Ferroud「Berger Captive(恋する羊飼い)」では、フルートの最低音あたりの、Es,Des,Cが早いパッセージで出てくるのですが、Dキーがしっかりと塞げなくなってしまう事があり、笛工房アイハラの「リングストッパー 穴あき」という、名前の通り穴の空いているリングストッパーを購入しました。

リングストッパー 穴あき

 せっかくキーに穴の開いているリングキーの楽器を使用しているので、これまで穴を塞ぐプラグなどは使用していませんでした。全く不便もなかったのですが、右手の小指を早く動かしていると薬指の穴に隙間ができてしまいしっかりと音が出なくなるので、音が出なくなるよりはと思いプラグの使用を考え始めました。

 初めは穴を完全に塞ぐものを使用していたのですが、今回購入した穴の開いているものを紹介してもらい変えてみました。穴の直径が半分くらいになり、これなら少し指が動いても隙間ができず、しっかり低音を出す事ができました。また、完全には穴を塞いないので、音色も暗くならずいい感じ。これで練習をしつつ、最終的には外せる様にしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。