NHK交響楽団演奏会 山口公演

 山口市民会館で行われたNHK交響楽団の「NHK山口放送局開局80年記念・山口市民会館開館50周年記念 NHK交響楽団演奏会 山口公演」を聴きに行きました。4月に予約していたのですが、直前まで開催されるか不安な状況が続き、なんとか予定通り開催されて幸運でした。

 チャイコフスキーのピアノ協奏曲は2年前にもロシア国立交響楽団、アンナ・フェドロヴァの演奏で同じ曲を聴いているのですが、その時の印象全く違い、音のつながりがとても気持ちのいい演奏でした。ピアノも音色が綺麗で表情豊かですし、オケも出るところはハッキリ出るというメリハリのある演奏。前回の演奏会で曲に持っていたイメージが、すっかり変わってしまいました。

 交響曲になると指揮者の情報量がとても多く、どんどん音楽を進めていきます。弦の響きも厚いですし、とにかく出てくる楽器の音が全て魅力的でした。凄かったのはピッコロのソロ、一気に切り込んでくる鋭い音で空気をガラッと変えていきました。すごい音だなと思っていると、その後は周りに溶け込む柔らかい音が続き、音の吹き分けも凄いものでした。それまでのフルートも音に芯があって抜けてくるいい音でしたし、最初から最後までずっと楽しめたコンサートでした。

  • 指揮:広上淳一
  • ピアノ:藤田真央
  • チャイコフスキー/ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23
  • チャイコフスキー/交響曲 第4番 ヘ短調 作品36

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。