残すはターン

 94回目のフルートレッスンを受けてきました。「アルテフルート教則本 第2巻」の23課まで終わり、4月からずっと続いている装飾音の練習も残すはターンだけとなりました。これまであまり古い時代の音楽をしてこなかったので、特にプラルトリラーや後打音などの演奏法をしっかり学ぶのは初めてでした。装飾音符は運指が変わったりもするので、どんどん実践しなければ身に付きませんね。

 12月へ向けて練習している曲は、メトロノームでの練習が指定テンポまで後1メモリというところまで来ました。これまでの曲はなかなかテンポを上げられないことが多かったので、指定テンポ通りに演奏できそうな気がするのは嬉しいです。これからは全体的にスムーズな演奏ができるように練習をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。