息も深く

 101回目のフルートレッスンを受けてきました。コンテストへ向けて最後のレッスンとなり、もう後は不安なところを自分で潰していく作業が残るのみとなりました。まだまだ調子が良い時と悪い時で音の出方が全く違いますし、最初の音が無事に出せるかなという初歩的な心配もありますが、もう覚悟を決め本番へ向けてコツコツ続けるしかありません。

 レッスンでは基本的な音楽の流れを確認する作業がメイン。本番へ向けて最後のレッスンで緊張していたのか、全く息が足りなくなりきちんとフレーズを演奏できないような状態になってしまいました。緊張すると息が浅くなってしまうので、深く息を吸わないといけないと確認できただけでも大きな収穫。本番も落ち着いて演奏できれば良いのですが、すでに緊張して変な夢を見たりし始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。