迷いつつ

 106回目のフルートレッスンを受けてきました。発表会で演奏する予定の Paul Hindemith「Flute Sonata」の3楽章 を譜読みしていき、間違いがないかなど見ていただきました。まだまだテンポはゆっくりですが、1週間程度の期間でも最後まで譜読みできるようになってきたので、少し成長してきたような気がします。

 今回は初めに音を出した時から、どうもいつもと音色が違う気がして、自分の耳の状態がいつもと違うのか、出ている音色が違うのか判断できない状態になっていました。おそらく出ていた音がいつもより雑音が多くなっていたと思うのですが、「判断できない」という状態は初めて、一番良くない状況かなと思います。
 アルテはなんとか次の曲へ進めたのですが、ガリボルディはもう一度。苦手な音型を発音できる様になるまでに、どうしても時間がかかってしまいます。いつも通りですが、地道な反復練習を続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。