思い込み

 9回目のピアノレッスンを受けてきました。今回は「ツェルニー30番」の6曲目と、ハイドン「ピアノソナタ 第35番」1楽章の前半部分の確認。まだ曲が譜面上は難しくないですし、基準甘めに進んでくださっているので、どんどん進んでいきます。たくさん譜読みして、ピアノに慣れるのが大切な期間でしょうか。

 ツェルニーは不必要な音が大きくなってしまい、重要な声部をしっかりと出すことが出来ません。意識すると緊張してしまう感じで、体が思い通りに動かないのはなんとかならないものか。次回は7曲目へ進むことになりましたが、新しい曲が続くと譜読みが大変です。
 ハイドンは意識して楽譜を読んでいたつもりでしたが、スタッカートのない音をスタッカートで演奏していたり、属7を省略していたりと、思い込みで演奏していたり、丁寧に楽譜を見れていないところがちらほら。楽譜は大切にしているつもりなのですが、手を動かすことに集中するとダメですね。次回は続きから、冷静に譜読みしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。