バロック特有

 115回目のフルートレッスンを受けてきました。今回からテレマン「6つのソナタ 作品2」の1曲目1楽章に入りましたが、バロック特有の発音やトリルの入れ方などは意識している通りに身体が動かず、やはりバロックらしい雰囲気が出ません。少しずつ真似しながら、なんとか最後まで進んでいきたいと思います。

 そういえば教本を全ページ進めていけるのは、教えてもらっているからならではかなと思いました。フルートを始めてから3年半が経過しましたが、まだまだ全く思い通りに演奏することはできません。指が動く動かないももちろんありますが、それよりもコントロールして理想的な音が出せる様になるまで果てしなく遠く感じます。最近はようやく低音部で芯のある音が出る様になってきたので、調子に乗って改善していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。