ペダル練習

 16回目のピアノレッスンを受けてきました。これまでほとんどペダルに気を使ってこなかったので、いざペダルを気にするようになったり、細かくペダルを踏み替えたりすると、全てが疎かになってしまいます。そもそもペダルの踏み方も「踏む」という意識が強く、踏んでいるペダルを一瞬上げて「切る」という意識に転換することがなかなかできません。ショパンには必須な技術なので、なんとか早く慣れないといけません。

 「ツェルニー30番」の11曲目はフレーズ毎の連結部をしつこく練習していたのですが、いざレッスンとなると指が制御できなくなってしまいました。思いもしなかったところで指が動かなくなってしまったり、和音を間違えたり思い通りにならないことばかりです。オマケであげてもらい、次は12曲目へ。これまでの失敗を活かし、今回は片手ずつの練習から始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。