ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ

 ひろしま美術館で開催中の「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」という展覧会を見に行きました。好きなウジェーヌ・ブーダンの絵が多数展示されているということで、平日にササッと見にいきましたが、近代フランス風景画の流れに沿って多くの画家の作品が展示されており、これまで知らなかった画家の絵もたくさん見ることができました。

 目的だったブーダンの絵以外では、ナルシス・ディアズ・ド・ラ・ペーニャ「森の中の小さな沼」という小さな作品が気に入りました。彩度を落として、森や沼という言葉が正に当てはまる、引き込まれるような絵でした。どうも、こういう引き込まれる感じのする絵が好きなようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。