使用音域拡大

 7回目の作曲レッスンを受けてきました。第1展開型の連結自体は問題なくできているのですが、Ⅰ度の第1展開系や、Ⅱ度-Ⅴ度の連結を上手に使えると、よりメロディーの使用音域を広げられることを実感しました。また、和音選びの選択肢が増えたことで、ピアノを弾きながら考えるということが難しくなってきました。

 ピアノで弾いた時に指の動きに無理があったり弾きにくかったりすると、大抵は何か他に良いルートがあるので、書いて弾いて直してを何度か繰り返して確実にしていくしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。