TTArtisan 23mm f/1.4 C

 MFレンズを使用してみたいと思い、普段持ち歩いて使用しているAPS-Cのミラーレス一眼SONY「α5000」用に、TTArtisan「23mm f/1.4 C」という単焦点のレンズを購入してみました。深圳の新興メーカですが、お値段の割にしっかりとした作りで、思っていたよりも使えそうというのが第一印象。

 標準のズームレンズ「SELP1650」と同じ程度のサイズ感ですが、重さは倍になり、絞りを決めてピントを合わすという作業が必ず発生するので、撮影に二手間かかる様になりました。代わりにF値が1.4と小さいので、とてもボケて面白いです。とりあえずレンズプロテクタだけ装着して、気軽に持ち歩いています。

 玄関から数歩、エレベータのボタンを撮影してもボケ感が凄いのでいつもと違った絵を撮ることができますし、20cmまで寄れるのでマクロレンズ的な使い方もできそうです。色々と持ち出してみて、MFでの撮影にも慣れなければ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。