過去の法則

 11回目の作曲レッスンを受けてきました。今回は1度の第2展開位置ではソプラノに第5音を持って来ないや、4度から2度への進行時に長調のみ上3声を全て上行されるといった、これまでにチラッと出て来ていた法則に全て引っ掛かっていました。こういった法則を意識しているだけでも、随分とメロディの作り方が変わってくるので、いざという時にすぐ思い出せるようにしておきたいです。

 今回はレッスン中にピアノを弾きながら、その場で作り直すということもさせていただいたのですが、考えることが多くて何も考えられない状態になってしまいます。もう少し考えるための余裕が欲しいですが、頭が一杯になるのはフルートを吹いている時と同じような感覚。こちらも慣れていくしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。