横の流れ

 122回目のフルートレッスンを受けてきました。テレマンの4楽章 Allegroはアウフタクトの八分音符を鋭くしないと、二重奏なので相手の音に隠れてしまいます。全体的に鋭くしていき、なんとかこの楽章も終了。これで、次回は1楽章から通して演奏することになったのですが、随分と時間が経ってしまっているので、初めから思い出さないといけません。

 アルテ2巻の30課とオネゲル「牝山羊の踊り」は引き続き譜読みを続けています。どちらもゆっくり演奏する部分があるのですが、横の流れをしっかり意識していかないと、停滞してしまうのが問題。停滞しないように音量やビブラートで変化を付けていかないといけませんが、いざ意識して演奏するとなかなか難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。