相応しさ

 16回目の作曲レッスンを受けてきました。Ⅴ7の基本形を学ぶうえで、もう少し課題に慣れていた方がいいという事で、巻末の補充課題を進めていきました。Ⅴ7の限定進行音などはミスをしなくなってきましたが、和音設定をⅣかⅤ7の第3転回位置のどちらを選択するかや、ⅤかⅤ7のどちらを選択すればより良いメロディを作れるかという、選択が上手くなればと思いました。

 課題とはいえ、拍子も調性も設定されている短いフレーズなので、その拍子や調性に相応しいメロディを考えるようにしなければと実感しました。というよりも、これらを明確に意識していた方が、課題を考えやすい気がしてきました。考えることはどんどん増えていきますが、少しずつ考えなくても自動的にできている事も増えてきているので、この自動的にできる部分を増やしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。