連続5度

 26回目の作曲レッスンを受けてきました。巻末の補充課題7の長調V9の直しをし、補充課題8の短調V9に入りました。長調のV9への接続は連続5度を見落としていることが多く、よほど気をつけなければなりません。今回も気を付けていたつもりでしたが、特に内声での連続5度は多く発生していました。

 作曲は時間がなく、前半の8小節しか作れませんでした。今回の課題は右手部分に和音を入れることと、スラーを付けること。右手部分に和音が入ると声部が2つになり、楽譜の書き方で悩むことが多かったです。特に休符の入れ方や、符幹の向きは悩みました。楽譜を読むことは慣れていますが、読むことと書くことは全く別だということを、ひしひしと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。