テンポ調整

 28回目のピアノレッスンを受けてきました。発表会まで残り数日で最後のレッスンとなり、全体の確認をしていただきました。メンデルスゾーン「無言歌集より 狩の歌」ですが、音数の多い和音がたくさん出てくる曲なので、本番へ向けて確実に弾けるよう慎重になり過ぎていたようです。勢いがなくなっていたので、推進力を意識するレッスンをしていただきました。

 音数が増えてくると、瞬間的に和音を捉えるにはよほど練習しておかなければなりませんが、まだまだ練習不足で手が動かないので、テンポを揺らして対応するしかありませんでした。どうしても音に厚みを出す部分で音楽性とは関係なく遅くなってしまい、ただ重いだけっという状態に。音楽のことだけを考えて演奏できる様になると良いのですが、まだテクニックがついていきません。

 発表会で演奏するフルートの伴奏合わせもさせていただきましたが、籔が焦らなければなんとか大丈夫そうな気がしています。本番も落ち着いて臨みたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。