クリップ1つ

 「スカイライン クーペ(DBA-CKV36)」で低速走行中に聞こえる異音がこのところ大きくなっていたので、原因を突き止めようと色々と試していました。前席付近で可能性がありそうなところはほぼ潰したので、エンジンルーム内を見てみたところ、カバーを留めているクリップが1つ外れていることを見つけました。まさかこんなところでは無いだろうと思いながらも付け直してみたところ、あっさりと異音が消えて解決しました。エンジンルームの異音が運転席まで伝わってきているとは思わず、見つけるまでに時間がかかりましたが、まさかこんな簡単なことだとは。

 もう一ヶ所、トランクルーム付近のカバーが少し動いているので、そこも異音の原因になっているのではないかなと怪しんでいます。近いうちにテープを貼ったりして検証してみて、金額次第では交換しようかと思っています。年式も古いですし、プラスチックやゴムで作られているパーツは限界を迎えているものがボチボチとあります。

 ついでに約9ヶ月使用したワイパーゴムを交換しました。ここのところ少しスジができ始めていたので、早めに交換しておきました。交換時のODOメータは129,800km。使用する替えゴムもいつもと同じく、PIAAのスーパーグラファイトで運転席側が131番「WBR600」、助手席側が124番「WBR425」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。