ポジション移動

 31回目のピアノレッスンを受けてきました。年末年始を挟みましたが、今年は休みの期間も比較的練習を継続できたかと思います。「ツェルニー30番」もいつの間にか半分が終了していました、こちらも全ての曲をはじめから弾いていくのは初めてかもしれません。

 「ツェルニー30番」の15曲目は、アーティキュレーションをしっかり守って終了、次の16曲目も練習していたので、そちらも見ていただきました。15曲目はアルペジオでしたが、16曲目はスケールなので、こちらの方が弾きやすく感じます。やはりポジションの移動はまだまだ上手くいかない感覚。間に挟まれる和音をしっかり掴めるように練習していきます。

 ドビュッシー「アラベスク第1番」は中間部の細かな音の動きを確認しました。特にペダルを使わずに保続する音はしっかり確認しておかないと、濁りの原因になります。少しでも濁りの原因を取りつつ、必要な響きを残していくのは難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。