能登半島ツーリング

 お盆のツーリングは能登半島。広島からだと行きと帰りの2日間はほぼ移動に当てないといけないのですが、思い切って行ってきました。主な目的は「白川郷」と「なぎさドライブウェイ」。道は「鈴鹿スカイライン」、「さざなみハイウェイ」、「白川街道」、「飛騨合掌ライン」、「なぎさドライブウェイ」を目当てに行ったのですが、「鈴鹿スカイライン」だけは通ることが出来ませんでした。
 ルートはこんな感じ。走行距離は4日間で1879.58km、暑い中をよく走りました。
8/13 広島〜名古屋 545.03km
8/14 名古屋〜白川郷〜和倉温泉 377.01km
8/15 和倉温泉〜能登半島〜福井 378.71km
8/16 福井〜三方五湖〜広島 578.83km
 詳細はこちらにあります。 → こちら

大きな地図で見る 8/13 広島〜名古屋 545.03km
 昼間は暑くてバイクに乗れないことは分かっていましたし、ちょうどお盆で宝塚IC辺りが渋滞するので、出発は4時頃。高速道路で一気に鈴鹿スカイラインのある甲賀土山ICまで移動。東へ進んでいくので、進行方向から太陽が昇ってきて綺麗でした。

 高速道路を降りる前に琵琶湖の見える大津SAで長めの休憩。宝塚IC辺りから京都を抜けるまではほぼ渋滞。上りだったのでまだましでしたが、夏はなるべく通りたくない場所です。

 鈴鹿スカイラインはこの日のメインだったのですが、丁度中間にある「武平トンネル」からは災害復旧の為に通行止めで通れませんでした。迂回路も無いので引き返すしかありません。最後まで通れなかったのが残念、また行きたいと思います。

 仕方ないので伊勢湾岸自動車道を通って名古屋市内のホテルへ。ここもあまり海は見えませんでしたし、どうも道に恵まれませんでした。ホテルは名古屋でいつも泊まる「ホテルウィングインターナショナル名古屋」、地下にある駐車場に駐輪できるので安心です。
8/14 名古屋〜白川郷〜和倉温泉 377.01km
 早朝に名古屋・岐阜と混む場所を抜けたいので5時出発。都市部は迷子になりますし、信号ばかりなので、なるべく高速道路で飛ばします。郡上八幡ICで高速を降りて「せせらぎ街道」へ。川沿いを快走するとても気持ちの良い道路、早朝で車も通っていないので、写真を撮る為に止まれませんでした。
 途中に青森の奥入瀬渓流をもっと通りやすくしたような場所があったり、景色は最高だったのですが、早朝なので気温は17℃。真夏用装備だったので、久し振りに震えながらバイクに乗りました。

 せせらぎ街道が終わると次は「白川街道」、この辺りはどこも走りやすそうです。ここの道は北海道をギュッと小さくしたような道路、北海道まで行くのが面倒な人はここに来れば雰囲気が味わえます。
 8時を過ぎると九に暑くなってくるので、道の駅「飛騨白山」で休憩してから世界遺産の「白川郷」へ。

 合掌造りの家が沢山並んでいますが、あまり遺産とかに興味は無いので「のどかな所だな」という感じ。雰囲気が良いのでユックリとラムネでも飲んでまどろみたくなります。

 高台から見下ろせる場所へ行ってみたり、バイクを停めて散策してみたり。とても綺麗な水が集落の中を流れていたのが印象的でした。この辺りはバイクも沢山。

 後は飛騨合唱ラインを北上し、能登半島へ。チェックインには早い時間でしたので、能登島を少し回ってからホテルへ行きました。ちょうど2時頃だったので観光客が沢山。やはり朝の涼しい内に走っておいて良かったです。
8/15 和倉温泉〜能登半島〜福井 378.71km
 朝日と共に能登半島1周に出発。日本海ですが、能登半島の東側は内海なので波も無く、ユッタリと太陽が昇っていくのを見ることが出来ました。

 ここからは海沿いを九十九湾、恋路海岸、突端の金剛崎、ゴジラ岩、千枚田、輪島朝市と見て回ったのですが、凄く綺麗な場所は無く、淡々と過ぎていきます。道路は金剛崎から千枚田までは景色もよく走りやすいのですが、他は観光客の車で思うように走れません。


 あまりゆっくりしていると雨が降ってきそうでしたので、地元のライダーにルートを教えて貰い、一気に「なぎさドライブウェイ」へ。教えて貰ったとおり能登有料道路を「千里浜IC」で下りると、すぐに浜辺へ出ることが出来ました。
 海岸のすぐ横を走るので、すぐ側に海水浴をしている人がいますし、なんだか変な感じ。下は砂浜なのですが、とても固くなっているので滑りそうな気はしませんし、ちょっと気を付けながらですが、いつも通り走ることが出来ます。約10kmの道路は開放感抜群です。
8/16 福井〜三方五湖〜広島 578.83km
 最終日はとにかく涼しい(暑くない)内に広島まで帰る為、4時過ぎに出発。まずは「三方五湖レインボーライン」へ。5時半にはゲートに着いたのですが、通れるのは6時から。無料の道路だと思っていたので、営業時間があるとは思わず、30分待ちぼうけ。開店準備をするおじさんと話していました。

 流石にこんな早くから有料道路を走りに来る人はおらず、1番乗りです。おじさんによると「朝はイノシシやサルなどの獣がいるから気を付けて…」とのこと、途中でサルの集団は見ました。有料道路を貸しきりですし、朝のさわやかな空気が気持ちよかったです。

 後は広島を目指してひたすら走りました。山陽自動車道より中国自動車道の方が空いているので、130kmに1度は休憩しながら、13時過ぎには広島に到着。なぎさハイウェイを通ったので、入念に洗車してから帰宅しました。
 恐れていた渋滞も予想していたほどではありませんでしたし、30秒程度のスコールに1度合っただけで、天気も持ってくれました。早速、次はどこに行こうか考え中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。