Fabrice Moretti

 雨が降っていたかと思えば晴れたりと、相変わらず変な天気です。休みの度に雨が降っていると少し前から言っていますが、今日も雨。なんだか10月後半から天気のタイミングがとても悪いです。
 広島文化学園大学の長束キャンパスで行われた「ファブリス・モレティ(Fabrice Moretti)」のリサイタルを聴いてきました。テクニックを誇示するでも無く、とても真面目に音楽しているという印象のリサイタル。普通にしているとお茶目な印象なのですが、演奏になると変わります。籔には少し大人な選曲過ぎたので、もう少し遊んでくれても良かったかなという感じでしたが、突っ込むタイミングや纏め方などとても勉強になりました。プログラムは以下。
J.S.バッハ(M.ミュール編)/フルートソナタ第6番(BWV1035)
P.M.デュボワ/フランス組曲より
ドビュッシー/ラプソディ
マルチェッロ/オーボエ協奏曲
ヴィラ=ロボス/ファンタジア
カントルーブ(伊藤康英編)/「オーヴェルニュの歌」第1集
 山の上にある大学なので通学は大変そうですが、眺めはとても良いです。5階にある会場からは市内を見渡す事が出来ます。帰りはもう暗くなっていたので夜景もとてもよく見えました。こうやって上から見ると広島は低い建物ばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。