関門クリア

 富士登山競走の五合目コースを走ってきました。スタートからひたすら登るだけという鬼のようなレースでしたが、なんとか完走。2時間半の関門もクリア出来たので、来年は山頂コースにエントリィする事が出来ます。詳しいレースレポートはまた明日にでも帰りながら書こうと思います。写真の後ろは五合目から撮った富士山、少しだけ雲が晴れて山頂が見えました。来年はあそこまで行きたいです。
 朝は7時半に河口湖ビジネスホテルを出発し、タクシーでスタート場所の富士吉田市役所へ。ちょっとした売店があるだけで、当日の受付なども無いので、後30分遅く出ても充分間に合いそうです。トレイルランナーよりランナーの方が少し多く、バイクジャージを着ている人も少しいるので、トライアスリートも少しは出ていそうです。

 レースは11kmのロードと4kmのトレイルで標高差1,500mを登ります。スタート前からキツイとは思っていましたが、登りしか無いというレースは肉体的にも精神的にも過酷で、なんとか走り切ったという感じ。富士五合目まで2:22:27でしたので、関門まで後7分。最後は必死でした。
 五合目からは富士スバルラインを通ってバスで富士北麓公園まで下ろしてくれるのですが、そこからホテルまではバスに乗って電車に乗ってと面倒でしたので、約6kmを走って帰りました。富士登山競走は登りばかりでしたので、あまりダメージが無かったようです。道も良いですし、楽しく走って帰れました。
 ホテルに帰ってからグッタリと2時間程度寝ていたのですが、起きると随分身体が回復していたので、ご飯を食べがてらランニング。河口湖大橋を通っていなかったので、そこを通って4km先のほうとう屋さんへ行ったのですが、麺が切れてしまったとの事。折角走って行ったのに残念です。

 ほうとうが食べれなくて意気消沈していたのですが、帰りに温泉に寄って回復。「河口湖温泉寺」という所、入浴料が1,000円と少し高いかなという感じでしたが、しっかりとストレッチができました。
 今日は富士登山競走も含めて合計30km走っていました。次のレースは9/15にある「信越五岳トレイルランニングレース」。このレースは距離が110kmと長いので、すでにこちらの準備を始めています。後2ヶ月無いので、長時間動ける身体を作っていこうと思います。

山口県柳井市在住。
トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。
最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。

籔をフォローする
日常2013 第66回富士登山競走(五合目コース)
籔's Log

コメント