長野に延泊

 昨日宿泊したホテルは24時間入り放題の温泉があり、何度も入浴してはストレッチしていました。お湯の温度も熱めで、なんだか筋肉の凝りを解せそうな気がしていましたが、そのお陰か既に筋肉痛も少し治まっている気がします。関節などで痛いところも有りませんし、走ろうと思えば走れる気がします。
 お昼の表彰式に出ないと5Aで昨日預けたドロップバックを受け取れませんし、長野駅まで送って貰えないので、珍しく表彰式まで出席しました。大会中に走りながら話していた人達とも会えたので良かったです。
 長野駅に着くとチケットを買うための凄い行列が出来ていました。台風の影響で名古屋へ行く「特急しなの」が全く動いていないらしいですし、仮に動いても夜の1便程度ですし詰め状態になるので、折角ですし長野観光をしてから帰る事にしました。

 広島から「信越五岳トレイルランニングレース」に参戦したK氏に誘って頂いて「川中島古戦場」へ。普段訪れないような場所なので興味深いですし、横を流れる千曲川が増水して普段は田畑の場所まで水が来ているのを見る事も出来ました。写真の水が有る部分は通常なら全て畑のようです、これだけ雨が降れば電車も止まるはずです。
 夜は長野駅周辺を少しだけ歩いてホテルへ。長野はもう少しと開花と思っていたのですが、駅周辺も特に何も有りませんでした。やはりここに来るなら山ですね。今回は92km地点までしか走れなかったので、ぜひまた走りに来たいと思います。ただ、大会に参加するために2泊の宿泊義務(宿泊施設は選べない・高い)が有ったり、宿泊地が1泊ずつ違う施設だったり、ゴール地点から宿泊地まで最短で1時間程度バスでの移動が有ったりと、走る事以外で制約の多い大会でした。競技中以外の事にまで制限がかかるのはどうかと思うので、変更されれば出やすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。