インプレッサ SPORTにロードバイク積み

 そろそろ終わっても良いような物ですが、職場のどこからともなくゴミが出てくるので、なかなかゴミ処理場通いが止められません。今日も可燃物処理場と、不燃物処理場に1回ずつゴミを持って行きました。ゴールデンウィークなので掃除をする人も多いのか、今日は車がたくさん来ていました。
 新しい車スバル「インプレッサ SPORT」が納車されました。この辺りではあまり走っていませんし、希望ナンバーをした訳では無いのに、覚えやすいナンバーで良かったかなと。まだ少ししか運転していませんが、アイドリングストップが煩わしく感じる以外はとても運転しやすくて良い車。車体も大きくなく小回りも利くので、便利に使えそうです。後は初期状態でアイドリングストップをオフに出来れば良いのですが、自分では作業できそうにありません。
 肝心のロードバイクも車載してみました。リアシートを倒し、ハンドルをリアシート側に向けて載せてみると、しっかりと収まりました。籔のFOCUS「CAYO」はXXS(48)サイズなのですが、もう少し大きなフレームでも問題なく車載可能でしょう。只し、シートポストは外しています。シートポストを外さないと高さが足りませんでした。固定にはMINOURA「VERGO-Excel-M」を使用、荷室の横幅的にMサイズがギリギリです。

 リアシートのドアを開けて写真を撮ると下のようになります。籔のロードバイクはエアロバーを装着している為に、前後長が長くなっているので、リアシートを左右両方倒す必要がありますが、通常のドロップハンドルならリアシートの左右どちらかは人が乗れそうな気もします。未確認ですが、3人+ロードバイク2台程度は安全に運べるのでは無いでしょうか?

 フロントシートを一番後ろの位置に下げると、ロードバイクのリアタイヤは下の写真程度被さります。籔の通常のポジションだと運転には全く問題なし。TT仕様のロードバイクが車載できるか心配でしたが、全く問題なく車載できて安心しました。これでトライアスロンの大会へ遠くまで移動するのも、安全・快適に移動出来そうです。